トップページ >  男性更年期について >  男性更年期は何歳から症状?

男性更年期は何歳から?30代・40代・50代の男性更年期の特徴は?

男性にも更年期がある!

40代以降の女性で生理が終わる閉経期になったら、更年期障害になる方が多いです。 ある健康調査では、女性の3割以上が何らかの更年期障害に悩むのです。 さらに研究が進んで、女性だけではなくて、男性でも更年期障害・LOH症候群になることが分かってきました。

40代以降の男性で、汗を急にかく、冷え、しびれ、頭痛、のぼせ、肩こり、動悸、顔のほてり、腹痛、目の痛み、腰痛、便秘、下痢、胃の痛み、喉に違和感、食欲不振、逆に過食などの体の症状が出たら更年期障害・LOH症候群かもしれません。 風邪や気のせいではありません。 男性の更年期障害でも、自律神経が乱れてきますから、精神的な異常になります。

イライラ、キレやすい、涙が出る、怒りっぽい、落ち着かない、不安感などの症状です。 男性の更年期障害は、体も心も両方ともに不快な症状となります。 どの症状が出るのかは、個人差も大きくかかわってきます。

男性は体や心に不快な症状が出ても、気のせいと感じて大したこととは思わない傾向です。 男性の更年期障害は中年期以降の病気の1つですから、早めに対処をしなくてはならないのです。 今までは、原因不明の病気や不快感と思われていたものが、実は男性の更年期障害が原因と判明してきました。

男性更年期は何歳から症状がでやすい?

男性には生理はないのですが、女性と同じように更年期障害になることが分かってきました。 女性の閉経期と同じ時期に、男性も更年期障害になるのです。 女性は生理が終わったら更年期障害になりやすい時期と分かっていますが、男性は何歳から、更年期障害・LOH症候群の症状がでやすいのでしょうか?

男性が更年期障害になりやすいのは、40代になったころからです。 40代になったら、男性の体の中でもホルモンバランスが乱れてきます。 40代には更年期障害から、眠れない、イライラする、落ち込みやすいといった心の症状から、疲れやすい、食べられない、肩がこる、おなかが痛い、下痢をする、頭痛、腰が痛い‥などの体の症状になってしまのです。

更年期障害は、自律神経やホルモンバランスの機能の乱れから発症しますので、個人差も大きくて、40代では何も症状がなかったのに急に50代になって不調になる方もいます。 若い方は30代から、更年期障害特有の症状を訴える方も増えていきます。 自律神経の副交感神経と交感神経の切り替えや、ホルモンバランスの乱れの調整は人によって千差万別ですから、30代後半から50代は男性の更年期障害・LOH症候群が発症しやすい時期です。

>>>男性更年期にいいマカ比較