トップページ >  男性更年期について >  性欲の減退は男性更年期かも

性欲の減退は男性更年期かも


人間の健康のバロメーターには精力があるのです。 あなたが精力が強くて性欲があるときには、健康な証拠です。

男性は女性以上に精力があるのか・勃起するのかということが重要になります。 男性でもかかることが明らかになってきた更年期障害・LOH症候群ですが、更年期障害になると、精力や勃起力が衰えてしまうのです。 最近性欲がない、女性に関心がない、セックスに自信がないというお悩みがでたら、それは更年期障害にかかった病気のせいかもしれません。

更年期障害は、体にも心にも全身に症状が出ますから、性器にも影響があるのです。 更年期障害になったら、ホルモンバランスが乱れてきて、分泌されるホルモン量が少なくなるので、男性ホルモンのテストステロンの働きが悪くなって、性欲がなくなったり、勃起しなくなったり、女性に興味がなくなる症状になることが考えられます。 男性は性欲がなくなったり勃起しなくなったら、精神的なショックも大きいのですが、それは男性更年期からきている病気のせいということも覚えておきましょう。 男性ホルモンのテストステロンの分泌量が少なくなるのですから、若い時のように勃起できなくなり性欲が衰えることは直結してきます。