トップページ >  男性更年期について >  活力・元気がない、男性更年期かも

活力・元気がない、男性更年期かも


日本人は、全般的に無理をしがちです。 体が疲れやすい元気が出ないと異変を感じたら、男性更年期になったせいかもしれません。

更年期障害・LOH症候群は体にも心にも各種の不調をもたらせますが、その中には活力ややる気の問題もあるのです。 活力が出なかったり元気がわいてこない時には、無理をしないで体も心も休めなくてはならない時期です。 更年期障害になったら、身体の各種のホルモンバランスが乱れてきますので、体がだるくなったり、重くなったり、活力・元気がない不調になってしまうのです。 更年期障害はサボりでも怠けでも気のせいでもありません。

おかしな心身にムチ打って、無理やりに働いても逆効果です。 「男性更年期障害・LOH症候群だから、活力が出なかったり元気がわいてこない。」 と正しい病気の認識を持ちましょう。

初期段階で気がつかなかったら、やがては男性更年期障害からうつ病や自律神経失調症になってしまう危険もあるのです。 更年期障害と聞いたら、女性の閉経期になるものとばかり思っていませんか? 男性でも男性ホルモンのテストステロンの減少作用から、更年期障害は発症します。