トップページ >  男性更年期について >  体力・持続力の低下は男性更年期?

体力・持続力の低下は男性更年期?


男性も40代前後になったら、若かった時とは体の環境が大きく変化します。 特に変化が激しいのは、男性ホルモンのテストステロンの量です。

男性ホルモンのテストステロンは、男性らしさや体力や健康や様々なことを司っていますので、加齢現象から男性ホルモンのテストステロンが少なくなったら、男性の体には悪影響が大きく広がっていきます。 男性ホルモンのテストステロンの減少で、発症する病気の代表例は更年期障害・LOH症候群です。 女性は閉経期には更年期障害になるのですが、男性も同じ40代前後で更年期障害を発症します。

男性更年期障害の主原因は男性ホルモンのテストステロンが出なくなったり、分泌量が少なくなることです。 更年期障害は、不眠や疲れや肩こり、イライラ、便秘、腰痛、頭痛、食欲不振、体重減少、過食...などの心にも体にも関係する異常になります。 元々、男性は体力もあって持続力も高い性別ですが、男性ホルモンのテストステロンの減少から、身体がすぐに疲れたり、眠くなったり、パワーが長続きできない現象もおこります。 単なる「加齢現象」と思いこまないで、男性更年期障害・LOH症候群を疑ってみましょう!