トップページ >  男性更年期について >  もの悲しい気分は男性更年期?

もの悲しい気分になりがちなら、男性更年期かも。


更年期障害は、以前は女性の40代前後の生理の終わる閉経期になるものと思われてきました。 医学がすすんでいくと、同じ時期の男性でも更年期障害になることが明らかになってきました。 男性更年期障害・LOH症候群です。

男性更年期になったら、心も体も各種の不調になるのです。 心の異常が男性更年期からくるとは思わないかもしれませんが、体と同じように心が異常になり安定を欠きます。

男性更年期・LOH症候群でおこる心の症状は、多岐にわたります。 あせり、不安、眠れない、心配、イライラ、怒りっぽくなる、やる気が出ない、涙もろくなる‥などの症状です。 いわゆる、「不定愁訴」と言われている症状です。

なにか1つの症状が出る方もいますが、多くの患者さんは1人でその時の気分や場所や環境によってさまざまな心の症状になります。 男性更年期の心の異常では、物悲しい気持ちになって、厭世観が漂ってきます。 男性更年期・LOH症候群がひどくなったら、心が乱れてきて、死にたい、何のために生きているのか?などの、うつ病の症状につながることもあるので非常に危険な心の状態です。