トップページ >  男性更年期について >  不機嫌になりがちは男性更年期?

不機嫌になりがちは男性更年期?


日常生活の中では、イライラしたり、怒りっぽくなることもあります。 自分が最近やけに不機嫌になったり怒りっぽくなったりイライラしていたら、それは病気からおこっているかもしれません。

40代前後の時期の男性だったら、男性更年期・LOH症候群になったことが考えられます。 更年期障害は女性の閉経期と同じ時期に、男性でもなるのです。

更年期障害は、ホルモンバランスが乱れてくるのでおこります。 女性は「「エストロゲン」と呼ばれる卵巣ホルモンの乱れから更年期障害になるのですが、男性は「テストステロン」の乱れによって、男性更年期・LOH症候群になってしまいます。 「テストステロン」は男性が男らしく、強い体になるのを作っていくホルモンですが、年齢を重ねたらこの「テストステロン」が出にくくなります。

その影響で、男性更年期・LOH症候群になると考えられています。 あなたが40代前後で、自分の性格が怒りっぽくなったり、すぐにイラつく、不機嫌になると思いあたるときには、男性更年期・LOH症候群を疑ってみましょう。 男性更年期は、心の平穏やバランスを乱す症状が顕著に出る病気の1つです。