トップページ >  男性更年期について >  運動能力が低下は男性更年期?

運動能力が低下は男性更年期?


40代前後は、体のホルモンバランスが大きく乱れてきます。 女性だったら生理がなくなるし、男性でも体力がなくなった、疲れやすくなった、無理ができないといった体の衰えを実感する時期です。

女性は、「エストロゲン」という卵巣女性ホルモン、男性は、「テストステロン」という男性ホルモンが若い時にはたっぷりと分泌されています。 40代以降の更年期になったら、急激にホルモンが出なくなりますので、男性の体にも各種の変化や異常が感じられます。 これが、男性更年期障害、LOH症候群です。

男性更年期障害、LOH症候群になったら、「テストステロン」が出にくくなるので、今までの健康的な元気な体や心の環境ではなくなります。 体にも心にも、各種の不調が感じられるのです。 自分で実感できる不調には、運動能力の低下・体力の低下があるでしょう。

走ったり、投げたり、跳んだりする運動能力の低下もそうですが、日常生活の中で、すぐに疲れて「体力が落ちた。」と実感することが増えていきます。 運動能力が低下したなら、男性更年期・LOH症候群を迎えたのかもしれません。 無理をしないで、体の曲がり角ですから、男性更年期・LOH症候群を迎えた体のケアーが必要になります。