トップページ >  男性更年期について >  仕事をする能力低下は男性更年期?

仕事をする能力低下は男性更年期?


更年期障害は、生理の終わる時期の女性がなるものと思い込んでいませんか? 男性でも40代以降になったら、男性更年期障害になるのです。 男性ホルモンの「テストステロン」が40代から急激に出なくなるので、そのせいで男性更年期障害になってしまいます。

男性でも更年期障害には、注意が必要です。 男性ホルモンの「テストステロン」が減ってきますから、男らしい強い体が維持できなくなることも男性更年期障害の大きな特徴です。 今までは、無理をしても仕事がうまくできたのに、できなくなることもあります。

仕事でミスが増えたり、効率が悪くなった時には、男性更年期障害のせいかもしれません。 体力的にも頑張りがきかなくなって、疲れやすくなります。 いつまでも、若い時のように仕事ができなくなるのです。

それは、男性ホルモンのテストステロンの減少と大きく関係しています。 男性更年期障害・LOH症候群は、あなたにもいつやってくるかもしれません。 サボりや気のせいではなくて、体の中のテストステロンの分泌量の変化が大きな原因ですから、無理をしないで休息や気分転換を行うことが大事な心がけです。