トップページ >  40代/50代の男性の悩み >  40代50代の男性の悩みは何?

40代・50代の男性の悩み。ダントツNo1はコレでした



40代・50代の男性の悩みで、ダントツ一番の悩みは?

40代・50代の男性の悩みを調査すると、

40代の男性の3大悩みは、

 ・体の不調

 ・家族のこと

 ・お金や老後

の3つです。

50代になると、この3つに加えて、

・親の介護

が入ってきます。

MTVや大学のアンケート調査の中でも、40代・50代の男性にダントツで一番多いのは、
「体の不調」
なんです。

40代あたりから身体の変化を感じ始め、「身も心もびっくりするほどツライ」という男性が急増します。

体だけではなく、心の動揺やウツ、疲れや不眠など、複数の症状がからんできます。
これほどツライのに、はっきりした病名はないのがこの時期特有の悩みです。

50代は、老化を実感する時期で、腰・膝・肩にくわえ、高血圧、高血糖、高脂肪など生活習慣病が姿を現していきます。

同年代が、ガンや肝臓病、糖尿病といった病気で闘病していたり、亡くなったりで、不安な気持ちも倍増します。

40代・50代の男性の悩みのアンケートでランキングNo1は、「体の不調」なんです。

40代・50代の男性の体の不調の原因は?

40代以降の女性で生理が終わる閉経期になったら、更年期障害になる方が多いです。

ある健康調査では、女性の3割以上が何らかの更年期障害に悩むのです。 さらに研究が進んで、女性だけではなくて、男性でも体の不調の原因は、更年期障害・LOH症候群であることが分かってきました。

40代以降の男性で、汗を急にかく、冷え、しびれ、頭痛、のぼせ、肩こり、動悸、顔のほてり、腹痛、目の痛み、腰痛、便秘、下痢、胃の痛み、喉に違和感、食欲不振、逆に過食などの体の症状が出たら更年期障害・LOH症候群かもしれません。 風邪や気のせいではありません。

男性の更年期障害でも、自律神経が乱れてきますから、精神的な異常になります。

イライラ、キレやすい、涙が出る、怒りっぽい、落ち着かない、不安感などの症状です。 男性の更年期障害は、体も心も両方ともに不快な症状となります。

どの症状が出るのかは、個人差も大きくかかわってきます。

男性は体や心に不快な症状が出ても、気のせいと感じて大したこととは思わない傾向です。

男性の更年期障害は中年期以降の病気の1つですから、早めに対処をしなくてはならないのです。

今までは、原因不明の病気や不快感と思われていたものが、実は男性の更年期障害が原因と判明してきました。

男性更年期は何歳から症状がでやすい?

男性には生理はないのですが、女性と同じように更年期障害になることが分かってきました。

女性の閉経期と同じ時期に、男性も更年期障害になるのです。

女性は生理が終わったら更年期障害になりやすい時期と分かっていますが、男性は何歳から、更年期障害・LOH症候群の症状がでやすいのでしょうか?

男性が更年期障害になりやすいのは、40代になったころからです。 40代になったら、男性の体の中でもホルモンバランスが乱れてきます。

40代には更年期障害から、眠れない、イライラする、落ち込みやすいといった心の症状から、疲れやすい、食べられない、肩がこる、おなかが痛い、下痢をする、頭痛、腰が痛い‥などの体の症状になってしまのです。

更年期障害は、自律神経やホルモンバランスの機能の乱れから発症しますので、個人差も大きくて、40代では何も症状がなかったのに急に50代になって不調になる方もいます。 若い方は30代から、更年期障害特有の症状を訴える方も増えていきます。

自律神経の副交感神経と交感神経の切り替えや、ホルモンバランスの乱れの調整は人によって千差万別ですから、30代後半から50代は男性の更年期障害・LOH症候群が発症しやすい時期です。



40代・50代の男性の体の悩みで当てはまる症状はどれ?

40代・50代の男性の体の悩みで当てはまる症状はどれでしょうか?

以下は、全て、男性更年期といわれる症状の典型といわれています。

自分にあてはまることはあるでしょうか?ぜひ確認してみてください。

性欲の減退

人間の健康のバロメーターには精力があります。 あなたが精力が強くて性欲があるときには、健康な証拠です。

男性は女性以上に精力があるのか・勃起するのかということが重要になります。 男性でもかかることが明らかになってきた更年期障害・LOH症候群ですが、更年期障害になると、精力や勃起力が衰えてしまうのです。

最近性欲がない、女性に関心がない、セックスに自信がないというお悩みがでたら、それは更年期障害にかかった病気のせいかもしれません。

更年期障害は、体にも心にも全身に症状が出ますから、性器にも影響があるのです。

更年期障害になったら、ホルモンバランスが乱れてきて、分泌されるホルモン量が少なくなるので、男性ホルモンのテストステロンの働きが悪くなって、性欲がなくなったり、勃起しなくなったり、女性に興味がなくなる症状になることが考えられます。

男性は性欲がなくなったり勃起しなくなったら、精神的なショックも大きいのですが、それは男性更年期からきている病気のせいということも覚えておきましょう。

男性ホルモンのテストステロンの分泌量が少なくなるのですから、若い時のように勃起できなくなり性欲が衰えることは直結してきます。

活力・元気がない

日本人は、全般的に無理をしがちです。
体が疲れやすい元気が出ないと異変を感じたら、男性更年期になったせいかもしれません。

更年期障害・LOH症候群は体にも心にも各種の不調をもたらせますが、その中には活力ややる気の問題もあるのです。

活力が出なかったり元気がわいてこない時には、無理をしないで体も心も休めなくてはならない時期です。

更年期障害になったら、身体の各種のホルモンバランスが乱れてきますので、体がだるくなったり、重くなったり、活力・元気がない不調になってしまうのです。 更年期障害はサボりでも怠けでも気のせいでもありません。

おかしな心身にムチ打って、無理やりに働いても逆効果です。

「男性更年期障害・LOH症候群だから、活力が出なかったり元気がわいてこない。」
と正しい病気の認識を持ちましょう。

初期段階で気がつかなかったら、やがては男性更年期障害からうつ病や自律神経失調症になってしまう危険もあるのです。 更年期障害と聞いたら、女性の閉経期になるものとばかり思っていませんか?

男性でも男性ホルモンのテストステロンの減少作用から、更年期障害は発症します。

体力・持続力の低下


男性も40代前後になったら、若かった時とは体の環境が大きく変化します。
特に変化が激しいのは、男性ホルモンのテストステロンの量です。

男性ホルモンのテストステロンは、男性らしさや体力や健康や様々なことを司っていますので、加齢現象から男性ホルモンのテストステロンが少なくなったら、男性の体には悪影響が大きく広がっていきます。

男性ホルモンのテストステロンの減少で、発症する病気の代表例は更年期障害・LOH症候群です。

女性は閉経期には更年期障害になるのですが、男性も同じ40代前後で更年期障害を発症します。

男性更年期障害の主原因は男性ホルモンのテストステロンが出なくなったり、分泌量が少なくなることです。

更年期障害は、不眠や疲れや肩こり、イライラ、便秘、腰痛、頭痛、食欲不振、体重減少、過食...などの心にも体にも関係する異常になります。

元々、男性は体力もあって持続力も高い性別ですが、男性ホルモンのテストステロンの減少から、身体がすぐに疲れたり、眠くなったり、パワーが長続きできない現象もおこります。 単なる「加齢現象」と思いこまないで、男性更年期障害・LOH症候群を疑ってみましょう!

楽しみが減った


40代から50代の男性の20%が発症するといわれているのは、男性更年期・LOH症候群です。 男性更年期障害になったら、どんな症状になるのでしょうか?

男性更年期では、肉体だけではなくて、心・精神活動にも異常をきたします。

あなたの心が不安定になったり、今までとは違った感性や気持ちになることが分かっています。
男性更年期・LOH症候群は、男性ホルモンのテストステロンが分泌されにくくなります。

男性ホルモンのテストステロンは人間の情緒を司っていて、精神を安定させる働きがあるので、男性更年期障害から男性ホルモンテストステロンが分泌されなくなったら、イライラしたり、落ち込んだり、涙が出たり、哀しくなるのです。 怒りっぽくなり、すぐにキレる方もいます。

男性更年期障害では物事の関心や興味が薄れてしまうことも大きな特徴ですから、自分の趣味や仕事や恋や家族などに無関心になりやすいです。 「楽しい!」 「ワクワクする。」
という感覚がなくなって、何をやっても楽しくない、つまらないという厭世観が漂ってきます。

男性更年期の心の状態を放置していたら、やがてはうつ病などの大きな心の病につながってしまうことも考えられますので、楽しい気持ちが持てなくなったら早めに専門の医者にかかってください。

もの悲しい気分になりがち


更年期障害は、以前は女性の40代前後の生理の終わる閉経期になるものと思われてきました。

医学がすすんでいくと、同じ時期の男性でも更年期障害になることが明らかになってきました。 男性更年期障害・LOH症候群です。

男性更年期になったら、心も体も各種の不調になるのです。
心の異常が男性更年期からくるとは思わないかもしれませんが、体と同じように心が異常になり安定を欠きます。

男性更年期・LOH症候群でおこる心の症状は、多岐にわたります。

あせり、不安、眠れない、心配、イライラ、怒りっぽくなる、やる気が出ない、涙もろくなる‥などの症状です。 いわゆる、「不定愁訴」と言われている症状です。

なにか1つの症状が出る方もいますが、多くの患者さんは1人でその時の気分や場所や環境によってさまざまな心の症状になります。

男性更年期の心の異常では、物悲しい気持ちになって、厭世観が漂ってきます。

男性更年期・LOH症候群がひどくなったら、心が乱れてきて、死にたい、何のために生きているのか?などの、うつ病の症状につながることもあるので非常に危険な心の状態です。

不機嫌になりがち

日常生活の中では、イライラしたり、怒りっぽくなることもあります。
自分が最近やけに不機嫌になったり怒りっぽくなったりイライラしていたら、それは病気からおこっているかもしれません。

40代前後の時期の男性だったら、男性更年期・LOH症候群になったことが考えられます。
更年期障害は女性の閉経期と同じ時期に、男性でもなるのです。

更年期障害は、ホルモンバランスが乱れてくるのでおこります。

女性は「「エストロゲン」と呼ばれる卵巣ホルモンの乱れから更年期障害になるのですが、男性は「テストステロン」の乱れによって、男性更年期・LOH症候群になってしまいます。

「テストステロン」は男性が男らしく、強い体になるのを作っていくホルモンですが、年齢を重ねたらこの「テストステロン」が出にくくなります。

その影響で、男性更年期・LOH症候群になると考えられています。

あなたが40代前後で、自分の性格が怒りっぽくなったり、すぐにイラつく、不機嫌になると思いあたるときには、男性更年期・LOH症候群を疑ってみましょう。

男性更年期は、心の平穏やバランスを乱す症状が顕著に出る病気の1つです。

運動能力が低下


40代前後は、体のホルモンバランスが大きく乱れてきます。
女性だったら生理がなくなるし、男性でも体力がなくなった、疲れやすくなった、無理ができないといった体の衰えを実感する時期です。

女性は、「エストロゲン」という卵巣女性ホルモン、男性は、「テストステロン」という男性ホルモンが若い時にはたっぷりと分泌されています。

40代以降の更年期になったら、急激にホルモンが出なくなりますので、男性の体にも各種の変化や異常が感じられます。 これが、男性更年期障害、LOH症候群です。

男性更年期障害、LOH症候群になったら、「テストステロン」が出にくくなるので、今までの健康的な元気な体や心の環境ではなくなります。 体にも心にも、各種の不調が感じられるのです。
自分で実感できる不調には、運動能力の低下・体力の低下があるでしょう。

走ったり、投げたり、跳んだりする運動能力の低下もそうですが、日常生活の中で、すぐに疲れて「体力が落ちた。」と実感することが増えていきます。

運動能力が低下したなら、男性更年期・LOH症候群を迎えたのかもしれません。

無理をしないで、体の曲がり角ですから、男性更年期・LOH症候群を迎えた体のケアーが必要になります。

夕食後、うたた寝をよくする


若い時には、何をやっても無理ができて元気だったのに、年齢を重ねた時には、体には無理がきかなくなってきます。
40代以降になったら、どんどん体が弱くなるのを実感する時期です。

40代以降は男性でも更年期障害になるので気をつけましょう。

更年期障害は女性だけではなくて、男性もでもなることが分かっています。

男性更年期障害はその方によって、体にも心にも各種の不調になるのです。 多くの場合には、体にも心にも今まではおこらなかった異常がおこります。

しかも、1つではなくて複数です。 どこに、どのような症状が出るのかは個人差も大きくて、一概には言えないのです。

大半の男性更年期障害の患者さんが訴えるのは睡眠不足です。

夜間、ぐっすり眠れませんから、体の疲れが取れないので、日中には眠たくて仕方がありません。

夕食後、うたた寝をよくするなら、男性更年期になったことが考えられます。

更年期障害で夜間眠れないので、その分日中には眠くて、激しい睡魔に襲われてしまいます。
仕事の効率も下がって、身体も重くてだるく感じます。

十分な睡眠時間を確保することは健康面では1番重要な基本的な要素ですから、男性更年期を迎えたら、睡眠時間や睡眠の質にはこだわってください。

仕事をする能力が低下した


更年期障害は、生理の終わる時期の女性がなるものと思い込んでいませんか?
男性でも40代以降になったら、男性更年期障害になるのです。

男性ホルモンの「テストステロン」が40代から急激に出なくなるので、そのせいで男性更年期障害になってしまいます。

男性でも更年期障害には、注意が必要です。
男性ホルモンの「テストステロン」が減ってきますから、男らしい強い体が維持できなくなることも男性更年期障害の大きな特徴です。

今までは、無理をしても仕事がうまくできたのに、できなくなることもあります。

仕事でミスが増えたり、効率が悪くなった時には、男性更年期障害のせいかもしれません。 体力的にも頑張りがきかなくなって、疲れやすくなります。

いつまでも、若い時のように仕事ができなくなるのです。

それは、男性ホルモンのテストステロンの減少と大きく関係しています。

男性更年期障害・LOH症候群は、あなたにもいつやってくるかもしれません。

サボりや気のせいではなくて、体の中のテストステロンの分泌量の変化が大きな原因ですから、無理をしないで休息や気分転換を行うことが大事な心がけです。



男性更年期の症状は3種類!すぐわかる男性更年期チェック

イライラするなら、男の更年期かも

男性でも女性でも同じように、更年期障害・LOH症候群になることが分かってきました。

ホルモンのバランスの乱れから、体だけではなくて心理的な症状もでます。
例えば、イライラする、落ち着かない、わけもなく哀しい、怒りっぽいなどの症状です。

医学的には、「不定愁訴」と言われている症状です。 更年期障害では、体の肩こりや頭痛、便秘、不眠、腰痛、食欲不振、過食、発汗、冷えなどの症状がでてくることが分かっていますが、男性の更年期障害でも、体以外の心の各種の不快な症状も同時に発症します。

イライラがまさか更年期障害が原因とは、病気に詳しくない患者さんは思わないでしょう。

安定した精神状態に異常をきたすのも、ホルモンバランスが乱れて発症する更年期障害・LOH症候群の病気からくるものです。



男性更年期のチェック

自分が男性更年期かどうかは、簡単なチェックで可能です。

米国セントルイス大学老年医学のモーリー教授によって作成された男性更年期の症状チェックを紹介します。自分で出来る10項目に、「はい」「いいえ」で答えていってください。

性欲の減退を感じていますか?
活力元気不足を感じていますか?
体力あるいは持続力の低下を感じていますか?
身長が低くなりましたか?
「日々の楽しみ」が少なくなったと感じますか?
もの悲しい気分、または不機嫌になりがちですか?
勃起力が弱くなりましたか?
最近、運動をする能力が低下したと感じますか?
夕食後、うたた寝をすることがありますか?
最近、いろいろな仕事をする能力が低下したと感じますか?


チェックで4つ以上「YES」の方は、男性ホルモン値が低下している、つまり男性更年期であることを疑ってください。

男性更年期の症状は3種類

精神的な症状(「うつ型」更年期症状)

「仕事がつらい」、「仕事に集中できない」ということを訴える人がとくに多いようです。

集中力がなくなるのは男性更年期にありがちな症状で、記憶力が低下したり、注意力が散漫になることもあります。そのため、忘れ物をしたり、手慣れたはずの仕事でミスをしたり、ずっと好きでうち込んでいた趣味をぱったりやめてしまったり・・・ヒドいときには新聞を読む集中力さえ保てなくなります。

その症状がさらに進むと、やる気が出なくなり、何をするのもおっくうで、毎日が楽しくなくなっていきます。これがいわゆるうつ症状で、なかなか家から出られなくなってしまう人もいるのです。

また、理由もなくイライラする、突然火がついたように怒り出す、といった症状も見られます。それまで比較的おだやかだった人が、妙に怒りっぽくなったり、ふだんからいつもイライラするようになるのは、男性更年期の注意信号です。

身体的な症状(「体力減退型」更年期症状)

更年期には、さまざまな身体的症状があらわれます。

まず、とにかく疲労感をうったえる人が多いのが特徴です。何か原因があるわけでもないのに、いつも強い疲労感をかかえている人が多いのです。そして一日中疲れが続いているのに、夜は寝付けなかったり、眠りが浅くてすぐに目が覚めてしまったりと、なかなか質のよい睡眠がとれないケースもあります。

それから筋肉痛も特徴的な症状。スポーツ後の筋肉痛とちがい、肩や腕、足や背中のハリやこわばりといった、とれにくい筋肉痛や筋肉のだるさを訴える人が少なくないようです。

そのほかにも、頻尿、顔やカラダが突然カーッと熱くなるほてりやのぼせ、それとは逆に足もとの冷え、多汗症状、頭痛やめまい、皮膚のかゆみなども男性更年期によく見られます。

また、男性ホルモンの減少によって体毛が少なくなる、ヒゲの伸びが遅くなる、内臓脂肪が増加しておなかが出てくる、皮下脂肪が増えて胸が女性のようにふっくらしてくる、こう丸(精巣)が小さく柔らかくなる・・・といった身体の変化が認められるのも男性更年期の兆候といわれています。

性機能的な症状(「精力減退型」更年期症状)

性欲の減退やED(インポテンツ、勃起不全、勃起障害)といった性機能のトラブルも男性更年期に特徴的な症状です。

じつは、男性更年期と思われる方のほとんどに、このような性機能障害が見られます。とくに、起床時の勃起(いわゆる朝勃ち)が1か月以上ない場合は要注意です!

40代~50代の男性更年期のタイプごとの対策は?

うつ型の男性更年期の症状と対策は?

こんな症状が出たら、「うつ型の更年期」です。
  一日中落ち込んだ気分になる
  食欲がない
  イライラすることが多くなる
  昼間眠気に襲われ、夜になると目が覚める
  やる気が湧かない
  疲れやすい
  何事にも興味がなくなる
  希望が湧かない
うつ型の更年期は、精神的なダメージを伴います。初期症状として気力がなくなる、体力が機能しないことから始まります。そして不安や苛立ちが集中力や忍耐力を損ない、しいては「うつ病」が出現し、頑張れなくなってしまうのです。真面目な人ほど過去の自分と今の自分を比較してしまい、自分を責めるようになるのも特徴です。

体力減退型の男性更年期の症状と対策は?

こんな症状が出たら、「体力減退型の更年期」です。

  疲労感
  不眠症状
  筋肉痛がとれない
  肩こり
  頻尿
  ほてり、のぼせ
  腰や手足の冷え
  汗をかきやすい
更年期によって現れる身体症状は、細かく分けるとさまざまですが、最も特徴的な症状は「疲労感」と「筋肉痛」です。これといった原因がないのに、疲れが取れず、なんだかだるいのがつづくと感じたら、「身体減退型の更年期」です。

一日中疲れが続いて、夜は寝つけず、寝ても眠りが浅くすぐに目が覚めてしまう睡眠障害をかねる人もいます。睡眠障害をかねる人は、熟睡できませんから、さらに疲労がたまってしまい悪循環を起こすので、より深刻な症状になってしまいます。 

原因不明の「筋肉痛」も特徴的な症状です。

スポーツ後の筋肉痛とは違って、肩や腕、足や背中のハリ、こわばり、痛みや、だるさが常に伴うのが特徴です。

精力減退型の男性更年期の症状と対策は?

こんな症状が出たら、「精力減退型の更年期」です。

  ED(勃起障害)
  性欲がなくなった
  朝勃ちの回数が減少する
  エッチをほとんどしなくなった
  異性に自然と興味がなくなった
  異性の裸をみてもあまり反応しなくなった
性欲の減退は、男性の更年期障害の症状として代表的な症状です。
男性の更年期障害では、40歳前後から特に男性ホルモンの分泌が大きく減少することによって起きる人が多くなります。男性の性欲に大きな影響を与える前立腺や精子の活動に、大きな影響が生じます。上記のような症状に当てはまる事項がいくつかある場合、精力減退型の更年期の可能性があります。

男性更年期のタイプ毎にマカおすすめ


うつ型の更年期向けマカおすすめ

マカの品質レベル
  

品質のチェックポイント!
  JAS認証のマカ
  純度80%
  マカ専門店での取り扱い
  契約農家での栽培

契約農家で栽培している最高品質のマカです。マカサプリの中でも効き目がまったく違います。賞味期限は2年です。

マカの品質レベル
  

品質のチェックポイント!
  JAS認証のマカ
  純度97%

JAS認証を取得しているマカです。JAS認証とは国内の成分証明証のことで高い品質を満たす場合にこれを取得できます。純度の高さも特徴です。



体力減退型の更年期向けマカおすすめ

  体の活力度
    

  マカ以外の男性更年期にいい成分
    アシュワガンダ
    杜仲茶
    ソフォン

アシュワガンダは、高麗人参のインド版、"インドニンジン"とも呼ばれ、サポニンなどを含む特別な野菜です。杜仲茶は、ビタミン、カルシウム、亜鉛、鉄分を含み、ソフォンは精力によく、製薬会社らしく体の活力に設計されたサプリです。

体の活力度
  

マカ以外の男性更年期にいい成分
  ヒハツ
  黒しょうが、ビタミンE
  ヤムイモ
  トンカットアリ、Lアルギニン

ヒハツ、ビタミンE、黒しょうがは血流がよくなる作用があり、ヤムイモは滋養強壮の漢方です。Lアルギニン、トンカットアリは精力をつけるにはいいとされ、精力剤に近い高価なサプリです。

体の活力度
  

マカ以外の男性更年期にいい成分
  冬虫夏草
  トナカイの角
  ベニバナ
  亜鉛

冬虫夏草、トナカイの角は滋養強壮として、亜鉛は精力にもいい必須ミネラルです。ベニバナは女性の健康サポートにはよいとされています。



精力減退型のの対策には更年期向けマカがおすすめ

サプリ1日分の亜鉛含有量
    10mg

マカ・亜鉛以外の精力にいい成分
  ヒハツ
  ヤムイモ
  トンカットアリ
  Lアルギニン

亜鉛は、このサプリだけで1日の推奨摂取量(10mg)を摂取できます。ヒハツ、ヤムイモは滋養強壮と精力によく、Lアルギニンはエネルギー増強のアミノ酸です。トンカットアリは精力には有名な食材で、最近では精力剤や男性不妊にも使われています。

サプリ1日分の亜鉛含有量
   6mg

マカ・亜鉛以外の精力にいい成分
  冬虫夏草
  トナカイの角

亜鉛は1日の推奨摂取量が10mgな ので、その半分はこのサプリで補えます。冬虫夏草は、滋養強壮として体によく、トナカイの角はEDにもいいとされています。

  サプリ1日分の亜鉛含有量
     1.2mg

  マカ・亜鉛以外の精力にいい成分
    セレン

亜鉛の量は、少量しか含まれていませんが、マカサプリの中では多いほうです。ED(勃起不全)を防いでくれるといわれている成分セレンを含んでいます。